チャイルドマインダーの給与

正社員の平均給与

チャイルドマインダーとして勤務をする場合、特定の施設で正社員として勤務をするのが最も安定的な収入を得ることが可能です。

主な勤務先としては、認可外保育所など保育所や幼稚園とは異なる託児施設があります。
ただ最近では、保育の人材が大幅に不足をしているという事情もあり、保育士の資格がない人を採用する認可保育所もあります。

その場合は保育士資格がないため自身でクラスを担当することはできませんが、担任の保育士について補助的な役割をすることになります。

いずれの場合も、正社員としての給与はだいたい月収ベースで20万円程度が相場です。

その他に時間外保育として深夜時間帯や早朝に担当をすることで、残業代として高い金額を受け取ることができます。

しかし同じ施設に保育士がいる場合は保育士の方が資格手当が高くつくという傾向があり、補助的な役割にならざるをえないことから給与額はやや下がるでしょう。

パート、アルバイトの平均給与

実際にチャイルドマインダーとして勤務をしている人の多くは非正規雇用で勤務をしています。

最も多いのが託児施設で時間を決めて勤務をするという方法で、仕事をした時間に応じて給与が支払われます。

時給にした場合チャイルドマインダーに支払われるのはだいたい1時間あたり1200~1500円程度で、通常の小売店や飲食店でのアルバイト時給よりもかなり高い水準となっています。

ただし業務時間中の責任はかなり重いものであることから、給与額としてはちょっと割に合わないと感じることもあるかもしれません。

最も高い給与を得るには自宅で開業もしくはベビーシッターとして訪問保育をするという方法がおすすめです。

その場合は時間あたりの収入が人数分収入となりますので、1日2人程度を8時間ずつ預かる計算でも月に50万円程度の収入になります。

ただし自宅やその他の施設を使用する場合には設備費や雑費が別途かかるので、実質的には月収ベースで30万円程度が目安になってくるでしょう。

もちろんそれも預けてくれる保護者がいてこその収入になりますので、開業もしくは訪問保育をするときには、一つひとつの仕事をきちんとして、地域からの信頼を得られるようにしていく努力が必要になってきます。

地域により収入が大きく変化をすることも、保育関係の給与の特長です。
地方都市などでは待機児童数が少なく認可保育所に十分入ることができるので、臨時の場合を除いてチャイルドマインダーにはそれほど需要はありません。

反対に待機児童が多い東京都市部などでは、それほど宣伝に力を入れなくてもたくさんの募集があったりします。

安定的に収入を得るなら、勤務形態だけでなく勤務地を慎重に選んでいく必要があるでしょう。