助産師の給与

助産師としての平均給与、平均年収

助産師として仕事をしていくためには、看護師資格を取得したのち専門課程を経て国家試験を受験しなくてはいけません。

看護師課程よりもさらに専門的な出産に関する勉強をしていくということもあり、資格を取得することにより給与額も全体的にアップさせることができます。

助産師の平均年収は5,314,821円と、全体的に年収が高めの医療関連資格の中でもかなり上位です。

月収ベースでいくと30万円以上となりますので、資格を取得する意義は十分にあると言えるでしょう。

自分自身で「助産院」など開業ができるということが助産師の強みですが、必ずしも独立開業をしなくとも通常の産科医院に勤務するときにも助産師資格があることにより、資格手当で給与額が底上げされます。

もっとも実際の現場においては、より希望にあった仕事をしていくために助産師資格があっても看護師として勤務をしているという助産師もいるのですが、明確に助産師として勤務できる職場を見つけることにより、一気に年収をアップさせていくことができます。

看護士の年収との比較

看護師は女性が多い資格の中でも、年収が非常に高い職種として知られています。
しかしその一方で病院勤務では常に医師の指示を仰がなくてはならないなど、就業において権限が制限される場面も多くありるものです。

必ずしも助産師の資格を得なくとも、産科に勤務をすれば助産師同様の仕事ができるというふうな意見も聞かれますが、実際には助産師資格があるかないかにより、かなり収入面での待遇が変わってきます。

先に助産師の平均年収が5,314,821円と書きましたが、これに対して看護師の平均年収は4,805,118円です。

比較をすると約50万円もの差があるため、年収での格差はかなりのものであると言うことができるでしょう。

また助産師の場合はより多くの経験をしていくことにより、独立開業を含んだキャリアアップがしやすくなるという特長もあります。

看護師も長く勤務をしていくことにより、看護師長などの管理職へのキャリアアップができますが、他の医療系資格と比較した場合、昇進への門戸はかなり狭き門となっています。

実際に独立開業をするか否かに関わらず、自身で独立した仕事をしていくことができるということで、助産師の平均的な給与を高くしているのです。

ただし助産師資格は看護師の業務の中でも産科分野に限定される専門資格となることにより、ある程度進路が限定されてきます。

長く勤務をしてキャリアアップをしていくためにも、資格取得時にはしっかりと「出産」のスペシャリストになるのだという強い意思を持っておくことが大切です。