助産師のやりがい

赤ちゃんの誕生に立ち会える

助産師としての仕事の醍醐味は、何と言っても多くの出産の瞬間に立ち会えることです。

子供が生まれる瞬間というのは人の一生が始まるその瞬間であるということでもあり、その場に立ち会うことには大きな意義があります。

ここ数年で夫の立会い出産を希望する夫婦も急増してきていますが、それも出産時にいかに大変な思いをして一つの生命を誕生させるかということを、ともに実感してもらいたいという気持ちによるものでしょう。

助産師として仕事をしていくということは、そうした生命の誕生の感動的な瞬間に立ち会うことができるということでもあります。

人の誕生にはいくつものドラマがあり、一つとして全く同じということはありません。
助産師としての仕事は出産の瞬間に立ち会うというだけでなく、妊娠中の妊婦さんのサポートをしたり、また産後どのように乳児に接していけばわからないという、母親に対しての健康指導も含まれます。

数が絶対的に足りていないことにより、ともすると事務的な会話しかできないこともある産科医と異なり、出産前から密接な信頼関係を築いていけるのが助産師です。

その上で健康な赤ちゃんを産むための瞬間の立会ができ、その取り上げをできるということは、まさに出産を経験できる女性としてこの上ない喜びになっていくことでしょう。

開業を目指せる

助産師は国家資格となっていますが、それを取得するためにはまず看護師資格を取得する必要があります。

看護師として産科や婦人科に勤務をすることももちろんできますが、その場合はあくまでも医師の補助業務に限定されます。

近年では看護師が独自にできる医療行為を増やそうという動きも見られていますが、助産師のようにお産に関わる業務全般を独自に行うことができるということは他の診療科ではありません。

助産師資格を取得することにより、医師の立会がなくても独自に医療行為をすることが許可されるため、自信を院長とした助産院を開業することも可能になります。

もともと看護資格を目指す女性の多くは「一生使える資格がほしい」といった自立心を持った人が多いので、そこで上位資格の助産師を取得することにより、さらに独自の勤務方法を探していくことができるようになります。

開業をすることで当然勤務待遇も変わりますし、自身の営業努力などにより勤務看護師よりもかなり高額の収入を得ることも可能になるでしょう。

何らかの医療行為(助産行為)をするためにいちいち医師の指示を仰がなくてはいけないという状況がなくなりますので、責任をもった仕事をしていきたいと考える人にとってはまさに適切な資格と言えます。

助産師資格は女性にしか取得ができないということもあり、女性特有の悩みを打ち明けられる存在にもなれるのです。