チャイルドマインダーの資格

資格概要

チャイルドマインダーの資格は現在のところ民間資格のみ取り扱われています。
現在のところ「チャイルドマインダー」資格として実施されているものは大きく3つあり、実際に取得をしている人のほぼ全てがこの3資格のいずれかを取得している状況です。

3つの資格は「NCMA.JAPAN」「ヒューマンアカデミー」「チャイルドマインダー・ジャパン」となっています。

この3つはいずれもスクールを開講しており、養成講座を申し込みして全ての課程を修了することにより、最終試験を受けて認定証を発行してもらうことができます。

いずれもそれぞれの特長がありますが、あえて最も有名なものということで選ぶなら「NCMA.JAPAN」のものがおすすめです。

「NCMA.JAPAN」では実務に根ざしたカリキュラムを行っているということが最大の特長で、もとになっているのはフランスのクレッシェファミールというスタイルです。

国際職業能力評価基準に連動をしているというところも特長で、本場英国の教育プログラムにも連動している、かなり信頼性の高いものとなっています。

他の2つも資格認定に海外の有名団体がありますので信頼性がありますが、認知度や既に資格を取得した人の人数でいくとやはり「NCMA.JAPAN」のものが頭ひとつ抜けている印象です。

なおNCMAは日本で最初にチャイルドマインダー資格を導入した団体であり、1995年から運営されています。

受講を修了することで英国ICMより修了証が発行されることから、職場に提示をすることでより保護者からの信頼感を得られる手助けとなります。

資格取得までの流れ

「NCMA.JAPAN」のチャイルドマインダー資格では、「本科コース」「一般特待生コース」「特待生コース」「通信コース」の中から受講するコースを選んで受講申し込みをします。

「本科コース」「一般特待生コース」「特待生コース」は養成課程のある学校へのスクーリングが必要ですが、「通信コース」は基本在宅のまま通信教育で受講が可能です。

ただし「通信コース」も最低2日間のスクーリングが必要になりますので、最寄りの受講場所や日程は確認しておくとよいでしょう。

費用はコースによって異なりますが、本科コース(60時間講習)では313200円、通信コースでは199800円(税込)となっています。

いずれかのコースを修了したのちに認定試験が実施され、合格することで自宅にNPO法人日本チャイルドマインダー協会から合格証が送付されます。

開講日は毎月行われていますので、いつでも都合に合わせて受講をスタートすることが可能です。
なお資格概要については無料で説明会も開催されているので、まずそちらに参加するのもおすすめです。