派遣で保育士として働くには

保育士資格を生かした派遣としての働き方

保育士は国家資格として専門業務を行うためのものであるため、資格を持つことで派遣社員としても仕事を求めることができます。

保育士資格者は全国的に決して少ないわけではないのですが、正社員として自分や家族の生活を支えていくとなると給与的に厳しいというのが実情です。

しかしその反面で保育士業界全体で人員不足が起きていることから、繁忙期など臨時で勤務をお願いできる派遣社員というのは大変ありがたい存在となります。

派遣保育士の場合、正社員として保育施設に勤務するのと違って時給制で給与計算が行われるとともに、残業を強要されるということがありません。

仮にどうしても残業が必要な場合でも、その分残業手当として給与に反映されるので結果的には自分の報酬となって戻ってきます。

また全ての派遣会社ではありませんが、一定期間欠勤や遅刻がなく勤務をした保育士に対して派遣社員ボーナスを出すということもあり、勤務時間を優先して仕事を選びたいという人にとってはよりお得な給与で勤務をしていくことができます。

正社員として保育士を行う場合、最大のネックとなるのはやはり労働時間の長さです。
保育士の仕事は子供が園内にいるときの世話だけでなく、その他にも事務作業や教材の準備などかなりの分量があります。

そのためほとんどサービス残業として行っている保育士も多く、それが苦で辞める人も多く見られます。
その点派遣保育士は残業代がそのまま給与額となって保育施設に請求されることになるため、施設としても残業を派遣保育士に依頼しづらく、自分のペースで勤務がしやすくなります。

保育士専門の派遣会社に登録

派遣社員として保育士の仕事をするためには、まず最寄りの保育園から人材派遣の依頼を受ける派遣企業に登録をする必要があります。

保育士向けの派遣会社は世間的ニーズがかなり高いということもあり、都内のような都市部では複数の業者が乱立しています。

派遣登録は一社のみでなくてはいけないということはありませんので、複数の企業に登録をしておくことで、より自分のスタイルに合った場所を紹介してもらえるようになります。

ただし派遣社員として保育士業務に就く場合、正社員のように担任を持ったり自分で授業計画を考えたりといったことはなく、あくまでも補助業務をすることになるようです。

担任とならない分保育記録の作成といった事務作業からは開放されますが、担当となる保育クラスの担任と意見が合わないときなどは意見ができないもどかしさを感じることになってしまいます。

また、もし問題が起こってもその対応にあたるのは正社員の方となるので、より積極的に保育の仕事に関わっていきたいという人はそのあたりも考えて選びたいところです。