ベビーシッターのやりがい

依頼主先によって働き方が変わる

ベビーシッターという職業は、その名前から実態が多少誤解されている面があります。
名前からするとベビー、すなわち赤ん坊を預かることだけが仕事のように思われがちですが、実際にはそうではありません。
もちろん乳幼児を預かることも多いですが、小学生を預かる、というようなケースも見られます。
保育対象の幅は思っているよりも広いものである、ということです。

長期間の契約ということになると、乳幼児の頃から小学生の頃まで、一環してその子のベビーシッターとして働く事になる可能性も十分あるでしょう。
こうなってくると、まるで自分の子供の成長を見ているような気分になるものです。
集団保育とは違い、1人の子供とより長く、かつ密接に関わっていく可能性がある、というのがベビーシッターの魅力の1つです。

ただ、仕事の形態にはいろいろあり、短時間だけの保育を担当する場合もあれば、一日中預かるという場合もあります。
一人ひとりの親の事情に合わせて、仕事の形式が変わるのがベビーシッターです。

やりがいは感謝

ベビーシッターとしてのやりがいとして、何より最大のポイントであるのは、やはり人に頼られることと、感謝されることでしょう。
保育士としてのやりがいが子供からの感謝であるのに対して、ベビーシッターの感謝は親からの感謝、という面が強くなります。
どちらにせよ、感謝というのがやりがいとして非常に重要な役割を持っていることは同じです。
親と子供、両方のためになる仕事がしたいのであれば、ベビーシッターというのは良い選択肢となるでしょう。