認可保育所と無認可保育所の違い

今結構ニュースとして露出が大きいのは、保育所の問題です。

認可保育所とは何か

認可保育所とはどのようなところを言うのでしょうか。
日本には様々な保育所があります。
認可されているか、認可させてないかというのは、一番大きな分類方法です。

保育所を認可するか否かということは、都道府県知事が決定を行っていきます。
認可を受けるために必要なことは、施設が児童福祉法によって定められている保育所としての最低の基準を満たすことが出来ているかです。

保育所最低基準とは

保育所最低基準では、子どもさん1人あたりに最低限度必要な保育室の面積、そして年齢ごとに分けて、子どもさんの人数に対し何人保育士がつかなければならないかということが細かく定められています。
最近では、保育所の需要から、最低基準もどんどん緩和化されていると言います。

しかし、認定保育所というのであれば、あ.程度お母さんも安心して、子供さんを預けることが出来るはずです。
やっぱり、はじめてというお母さんが、どのような保育所を選択するかと言えば、信頼出来るベテランの保育士さんがいる方に決まってはいるのです。

どんどん保育所が足りない現象が起こっている

お母さんも仕事を当たり前にするような時代にはなって来たものの、赤ちゃんがいれば、やっぱり自由に出かけていくことが出来ません。

だから、保育所が必要になって来るのです。
児童福祉法では、両親が働きに出ているなどの事情がある家庭で子どもの保育が必要となる場合は、市区町村は親の申請を受けてその子どもを保育所に入れるということが定められています。
しかし、現在、巷を賑わせているニュースは、保育所が不足事態に陥り、保育所の待機児童問題が起こっていることです。
首都圏など特に認可保育所に入りたくても入ることが出来ない現状があります。

当然、待機児童問題は解消されていかなければならない問題です。
しかし、認可保育所がなかなか増えない現状があります。

認可保育所は、お母さんにとって、子供さんを預ける一番ベストな環境が整っている訳ですが、認可保育所を作るということは、とても運営費がかかることでもあります。
なかなか認可が出来ないのです。
しかし、お母さんは子供さんを預けない限り、外へお仕事に出ることも出来ない訳ですから、「認可外保育所」に目をやむなく向けることになります。

「認可外保育所」とは

認可を受けずに運営している保育所が、認可外保育所ということになります。
認可外保育所が決して駄目ということではなく、認可保育所でも、認可外保育所でも、それぞれ事故は起こるべきところで起きているのです。

認可外保育所でも実績をもち信頼出来る場所はあります。
お母さんたちは、より特別な視点をもち厳しい選択をしていかなければならないものではないでしょうか。