カテゴリー別アーカイブ: 園での教育法

ニキーチン教育について

ニキーチン教育法と言われても、その名前をおそらくそれほど多くの人たちが知っている訳ではないでしょう。
ここでニキーチンが、教育、そして遊びをどのようにとらえていたかということを解説していきたいと思います。

ニキーチンの知育あそび

暮しの手帖社より「ニキーチンの知育あそび」という本が出版されており、教育書コーナーに立ち寄った方のなかでは、ニキーチンとはなんぞやと関心を持った人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。
その本が販売されたのは、既に1985年のことです。
もう既に長い年月がたったというのに、それ以来未だニキーチンに関心を持っている多くの人たちがいます。

ニキーチンの考えに共感している人たちももちろんいます。
ニキーチンの教育法、ここには、知育の本質が存在しています。
そして、ニキーチン積木で、ニキーチン流のあそびを楽しんでいる人たちもいるのではないでしょうか。
ニキーチンの教育法は、遊び、学び、知育することです。

知育の本質とは

ニキーチンは、実体験で、育つこと、育てることとは、いったい何かということをずっと追求し続けて来た教育研究家です。
ニキーチンの家には、子どもたちの手の届く場所にあらゆるものが置かれていました。
それは、大工道具や、作用具・吊り輪・紙など本当にありとあらゆるものがあったのです。

子供さんは好奇心一杯ないきものです。
そのような道具を、どのように使って何が出来るかという目で見つめていたりします。
両親ももちろん、子供さんの好奇心を阻害しないように参加していきます。
そこで、誕生したのが積み木遊びだと言われています。

立方体にペイントされた積木

立方体にペイントされた積木こそがそれぞれの子供さんに、いろいろな世界を作り出していきます。
子供さんは、お父さんやお母さんの、そして、ちょっと大きな子供さんのやることをしっかり見て、自分もまねようとしたりします。

大きな子供さんは、小さい子供さんに示すために、より高度なものを作ろうと頑張ったりします。
そして、お父さんやお母さんは、子供さんのそのような行動をチェックして、子供さんを深く理解しようとしているのです。

そして、大人の人たちも童心に戻り、積み木を楽しんだりしています。
大人や子供の区別まどはここには存在してないかもしれません。
大人の人たちだって、積み木によって創造することを楽しむことが出来るというとてもストレートな玩具なのです。

積木あそびで育つ力というものは、科学的な考えというだけでなくて、人生で起こるいろいろな問題を解決してする力なのです。
ニキーチンの教育法とは生活をどのように生き抜くかを決定する力なのです。
本当の楽しさ・おもしろさを一緒に育てていきましょう。

コダーイ教育について

コダーイ・システムが何かということをここでお話しします。
保育園では、積極的に音楽を取り入れた教育をしているところが非常に目立ちます。
もちろん、それは大変好ましい光景です。
ピアニカやマーチングバンド、そしてわらべうたなど、音楽を取り入れようとする方法は、決して一つではありません。

コダーイメソッドとは何か

コダーイメソッドというのもそのような方法の一つである訳ですが、コダーイメソッドという名前をそれほど多くの人たちが聞いたことがある訳ではありません。

コダーイとは、人の名前であって、コダーイ・ゾルターンという人のことをいい、約130年前にハンガリーで生まれた作曲家のことです。
1925年には児童向けの合唱曲 「ごらん、ジプシーがチーズを食べている」をつくりますが、そのとき、コダーイは、音楽での教育とは何かということを追求して行くことになります。

そして、コダーイは、教育のための音楽を一杯書いていきます。
そして、コダーイの功績は、音楽教育を考える人たちに大きな影響を与えることになります。

コダーイの音楽に基づく教育への関わり合いこそが、コダーイメソッドなのです。
コダーイは、ここで包括的な手法を創造したということではなくて、それは音楽教育を理解するための原理であり、コダーイ・メソッドとは、誤解ある命名だとも言われています。

音楽で学ぶ 音楽とは何か

音楽は、誰の側にも気軽な感じで寄り添っている存在です。
それは、第二の母国語のようなものです。
そして、世界共通の唯一の言語としてとらえることも出来ます。

だから、音楽を子供さんの頃より取り入れた教育をすることで、豊かな世界的関係を築くことが出来ます。
音楽は、世界を平和に出来る唯一の手段なのです。

そして、子どもが生まれる9カ月前から音楽教育は始まっていると言います。
子供さんがまだ胎内にいるときから、子守歌をお母さんが歌い、子に対する情緒教育がスタートしているのです。
ドレミソラの5音階で出来ているわらべうたは最も音楽教育として適していると考えました。

日本でも、コダーイメソッドをわらべうたを通じて取り入れている保育園や幼稚園が多くあります。
そもそもわらべうたというものは、民族が長い歴史のあいだに育んできた文化そのものであり、母語教育というときに子供さんに一番ふさわしい音楽としてとらえることが出来ます。

保育園、幼稚園で、ふとわらべうたを聞くとき、私達は、実際には、コダーイメソッドという名前をそれほど頻繁に聞く訳ではありませんが、既にコダーイメソッドに触れていることになります。
音楽を受け止めるというのも能力なのです。
なかなか大人が英語を勉強出来ないように、音楽も成長してからでは受け止めることが出来なくなってしまうかもしれません。

フレネ教育について

ここではフレネ教育法を勉強します。
フレネ教育法とは、20世紀前半に活躍したセレスタン・フレネによって構築された教育法です。

子どもさんの生活や興味、自由な表現からスタートをし、印刷機や、いろいろな道具を使い、手仕事を導入することで、芸術的な表現や、知的な学習、協同の学習、個の教育、協同的な人格の育成を実現することを目的とした教育法のことです。

生活と教育を結びつける教育法

フレネ教育法は、生活と教育を結びつけるというこを追求した教育法です。
そのために学校の技術を開発され、学校印刷所運動もその一環にあります。

当初、彼が学校教育で直面しのは、子どもの世界を無視したとしか思えない、教科書であり、そして説明に混沌とする教師たちであり、そこでいかにもの反復練習に子供たちは、学習しようとする意欲が削がれてしまうことになります。

教育とは、果たして子供さんの意欲を喪失させてしまっていいものなのでしょうか。
セレスタン・フレネは、そんなやる気の喪失した、子供たちを連れて午後の時間を使って散歩教室をスタートします。
小川や野原を歩いたりしました。

子供たちを癒すのは、自然の治癒力なのでしょうか。
しかし、そうではなく、畑や職人らの仕事現場などによって子供たちは再び、好奇心に満ち満ちた表情を見せるようになります。

散歩教室の意味を追求する

彼は、この散歩教室によって回復する子供さんの活力を、どのような方法で、学習のほうに持ち込むことが出来るのかということを一生懸命考えることになります。
やがて、彼は教室に印刷機を導入することになります。
子どもたちが綴る文を印刷して、それを「自由な教科書」として、授業で使用することにしました。

理性的共同体においての人格の自己形成

この人格形成のプロセスは、学習教材と教育技術の土台の上に成り立つものと主張をします。
彼はその後、次々と、学習文庫や協同学習カードそして、協同組合方式での計算や読み書きのためのカードなどを開発しました。
それらは、仕事を基礎とした個性・協同の原理による実践を組織化したものなのです。

フレネ教育法の特徴

フレネ教育は、年齢で分けるという仕方をしていません。
南フランスのヴァンスにあるフレネ学校において、60人の生徒を、3~5歳と、6~7歳が中心のクラスと、8~11歳までとの3クラスでの編成を行っていきます。

違う年齢の子供さんが一緒に学びあうクラスは、年長の子どもさんが小さい子どもさんに気を配る光景を見ることが出来ます。
このような方法でお互いに思いやる気持ちを成長させることが出来ます。

「作文」と「印刷」がフレネ教育法の軸です。
表現したいと思うことは、すぐに文章化して行きます。
自分で書いた文章が印刷されて、他人に読まれるのです。
だから、自分の思いをしっかり表現しようという気持ちになります。

フレーベル教育について

フレーベルの教育法とは何かということをここで勉強します。
幼稚園には自然と触れ合うための庭があります。
そしてその場所では子どもたちの楽しい歌声が聞こえてきたり、笑顔があふれています。
この幼稚園の形を作ったのが、フレーベルと言われています。

フレーベルの教育の目的とは

フレーベルの考えはこのようなものです。
人間は幼児の頃より、人類の一員であると認識されています、したがって、当然そのように保育されるべきであるのだと。

そのために、一体私達は何をしなければならないのでしょうか。
それが教育なのです。

しかし、教師やお父さんやお母さんが、何かを教えるために干渉するということではなくて、子供さんが自分の力で自然とともに成長して行く方法を構築してあげなければならないといいます。
それが、フレーベル教育法の前提であり、大きな目標なのです。

子供さんの内部に潜んでいるもの

子供さんにも欲求、感情というものが既に宿り潜んでいるはずです。
教育とは、欲求、感情をありのままに表現させてあげることです。

お父さんやお母さんがどのようなスタンスでいればいいかということですが、お父さんお母さんたちは、積極的指導を回避して、見守ることを徹するようにしていただきたいのです。
そして、子供さんは、自然の中で一杯遊んで成長して行きます。

子供さんは、生まれながらにして善なる存在と言います。
子供さんは純粋な存在だからこそ、子供さんの欲求や感情は、そのまま枝葉を伸ばすように成長させてあげればいいという考えがあります。

自分の生きている世界は一体どのような世界か

子供さんは、今現在住んでいる世界がどのような世界か把握することが一番大事なことと言います。
それは自然であり、大人の人たちと関わることであり、他の子供さんと関わることです。

フレーベル教育法では、子供さんが、個にすぎない存在であり、世界の一部にすぎないことを自覚させることが大事と言います。

庭で自然に触れるということ

フレーベル幼稚園は、いつも緑にあふれています。
たくさんの植物に触れながら、かくれんぼや鬼ごっこをしたりする子供たちがここにはいます。

そして、子供さん自身で、草や花を育てていきます。
子供たちは、自然の中から命とは何かということも学んでいくのです。

フレーベル氏のあそび歌

このあそび歌は子どもだけでなく、大人も子どもたちと一緒に歌い、遊ぶというものです。
フレーベル氏のあそび歌によって、大人も子どもさんも精神的にも、肉体的にも健全になり向き合うことが出来ます。
とにかく子供さんは、遊ぶことで、人生を勉強して行くことになります。

遊ぶことで学ぶという意味は、経験をするということで理解するということなのです。
自分で体験させてあげるというのが一番大事な教育法です。

シュタイナー教育について

子供さんのためいろいろな教育法を知ってください。
中でもシュタイナー教育は結構名前を聞く方ではないでしょうか。
シュタイナー教育が実際に何かということを理解していらっしゃるでしょうか。

シュタイナーという人物

オーストリアの哲学者ルドルフ・シュタイナー(1861~1925年)が提唱した教育思想・実践がシュタイナー教育です。
シュタイナーは工場で働く労働者の子供のための教育施設、自由ヴァルドルフ学校を設立しました。
知性だけではなく全人的な成長を促すための教育、それが シュタイナー教育なのです。

シュタイナー教育の構成

シュタイナー教育は、四つの構成ポイントで成り立っています。
まず、意識する自我という存在があります。
考える私です。

そして、感情をもつ アストラル体があり、成長するエーテル体があります。
そして、物質しての肉体が存在しています。

この四つの構成ポイントがバランスを維持出来るということがとても大事なことです。

七年期(0~7歳)

七年期(0~7歳)は、エーテル体が芽生えようとしている時期です。
このような頃子供さんは、無意識に生活のリズムを取り入れたりしています。

大人たちからも無意識に影響を受ける時期です。
お母さんは、子供さんが無意識に吸収しても構わない人畜無害な世界を用意してあげてください。

第2 七年期(7~14歳)

次に第2 七年期(7~14歳)です。
エーテル体がある程度自律して、感情の成長を大事にし始めるかなという時期です。

このあたりで、子供さんに芸術という意識が芽生えてくるのです。
芸術によっていきいきとした感情を育ててあげてください。

七年期(14~21歳)

七年期(14~21歳)、このあたりで、アストラル体がある程度しっかりと自律して、自我が明確になって確立される時期です。
やっと子供さんも、抽象的概念が何かということを理解することが出来るような時期です。

自分で考えることが出来て認識をどんどん高めることが出来るようになります。
そして、自分の考え、イメージを大事にしようとします。
シュタイナー教育法、それは、このような課程を順序正しく進み成長して行くことで、誰でも、自由な人間になることが出来ると言います。

自由とはそもそもどのようなことを言うのか

自由とはそもそもどのようなことを言うのでしょうか。
本当の自由とは何かと言えば、自我が、外の権威・圧力や、世界の流れに左右されることのない、自分自身が考える主体にすぎないのです。

しかし、教育を間違えてしまうと、なかなかそのような子供さんへと成長出来ないかもしれません。
シュタイナー教育では、エポック教育そして、教科書を使用しない、低学年では芸術的な手法で教育を行う、子供を点で評価しないなど特殊な方法で、自由な子供さんへ成長出来ることを目指していきます。

モンテッソーリ教育について

ここで学ぶのはモンテッソーリ教育についてです。
モンテッソーリ教育の基本は、目的のある自立した子供さんを育てていくことのにあります。

子供さんは自分自ら成長して行く力を持っているものなのです。
そこでお母さんが何をしなければならないかと言えば、子供さんが現在何を求めているかということを理解することではないでしょうか。

子供さんは教育のために自由が保障される必要があります。
お母さんは、子供さんの自発的な活動をサポートする役目に徹する必要があります。

自由を妨げない

お母さんは、子供さんが何かしようしているときにそけれを妨げてはならないです。
お母さんがしなければならないことは、子どもさんが自身で自由に教具を選べる環境構成を作ることであって、やってみたいなと思わせる、おもしろそうな教具を提供することであり、子どもそれぞれの発達段階に適した環境を作ることです。

子供さんは社会性・協調性的人間へと段階的にステップアップしていきます。
その構成をするのもお母さん、そして保育園の役目です。

二歳、三歳、四歳という子供さんは、これから発達をしていかなければならない時期です。
まだまだ感覚に頼り、感覚が敏感な時期でもあります。

小さな物音でも、関心をもってしまうのがこの頃の子供さんです。
そして、まだまだいろいろなモノに触れて、感覚を洗練しようとします。

三歳あたりまで、手当たり次第ものに触れていき、次には、意識的に触れてきた吸収して来たものを整理しよういう意識がスタートします。
子供さんには、なぜ?どうして?という疑問がどんどんわいてきたりします。
疑問を子供さんが持つということが、知識のはじまる段階なのです。

感覚を洗練することから

まずスタートすることは、感覚を洗練することからです。
お母さんは、頑張って意識的に、吸収する精神をサポートしてあげる行動を取る必要があります。

感覚に依存し、抽象的概念をどんどん吸収させることをまず第一の目的としています。
ここからものを考える行為が子供さんに養われていくことになります。
そのためには、対・ 段階・仲間分けする要素が取り組まれた3つの感覚教具が取り入れられます。

言語教育 Language

言語教育Language は、名称を知ることから始まります。
そして、形容詞に移り、関係を示す動詞へと移行して行きます。

まずは語彙を豊かにすることから目指して、最終的には文法や文章構成が出来る子供さんを目指していきます。
子供さんを感性的認識から抽象的認識へと成長させていかなければなりません。

それは、具体から抽象へと向かう世界でもあります。
モンテッソーリ教育法とは抽象的概念に子供さんを至らせることが目的なのです。

多種多様な教育法

保育園を選ぶとき、保育園でどのような教育をしてくれるのかいうのは、とても気になる問題です。
「モンテッソーリ教育」「シュタイナー教育」など、世界の教育法にも関心をもち、様々な対応を行っているところがありますが、お母さんも、そのような教育法をかなり関心をもって見つめていることでしょう。
更に「ニキーチン」、「フレーベル」、「フレネ」など世界に注目をすれば、まだまだ新しい教育法を知ることが出来ます。

モンテッソーリ教育とは

まず、モンテッソーリ教育はなんなのでしょうか。
ここには、目的のある自立した子どもを育てる基本姿勢があります。
子どもさんは、自らを成長・発達させる力をもって生まれてくるものです。

お母さんは、その要求を汲み取って、自由を保障する必要がありますし、子供さんの自発的な活動を援助する存在に徹しなければならないのです。
マリア・モンテッソーリ女史は、子供をじっくり観察をし、事実に基づいた教育法を構成し、独特の体系を持つ教具をこのように開発しました。

シュタイナー教育とは

シュタイナー教育とはどのような方法を言うのでしょうか。
それはオーストリア人、ルドルフ・シュタイナーが1919年に始めた教育実践の方法です。
子供さんの体と心の発達観に基づいて12年間にわたる体系的なカリキュラムが組まれています。

教育や学習は、知性だけをいうものではありません。
シュタイナー教育においては心や体の発達も含めて一人の人間として成長することを目指す「全人教育」を理念としています。
その実現のため、教育はそれ自体が「芸術行為」であることが大事だとしています。

ニキーチン教育法とは

次にニキーチン教育法です。
ニキーチン夫婦は7人の子どもさんを育てる課程で本質を見つめ、育つことと育てることはどのようなことかということを考えて来ました。

人間は、ひんぱんに最大限の力を限界まで出しきって活動し、限界を少しずつ高めていくようにするほど能力が発達するものだと主張しています。
子供たちが自由にふるまうようにし、そこにある強制は創造の敵なのです。

フレーベル教育法とは

フレーベル教育法こそが幼稚園の基礎を作ったとも言われています。
庭は緑に満ち満ちて、敷地内は砂場や花壇といった自然に近い施設が充実している、それが幼稚園の理想です。
庭の中で自然に触れながら遊びます。

子ども自身が草花を育てて行きます。
子どもが自分で自然を慈しむことやらで、自然の不思議や、命とはどんなものなのかということを学んでいきます。
子供さんは遊ぶことで人生を学ぶものです。

フレネ教育法と

最後にフレネ教育法についてです。
フレネ教育学では主体を子供に置いた、具体的な実践を最重要視しています。
大人に頼ることがなく、自分で学習を組み立てていく方法です。
お互いある空間を自治の原則で組織していきます。

いかがでしょうか。
このような教育法の違いを多少なりとも区別していかなければならないものではないでしょうか。