カテゴリー別アーカイブ: 助産師

助産師の資格

助産師の資格概要

助産師資格を取得するためには、まずは看護師の資格を取得した上で、さらに助産師としての課程を経て試験を受けなければいけません。

看護師資格がない人に助産師登録はできませんので、助産師として活動している人は同時に看護師としての業務を担当もできるということになります。

ですので助産師試験で問われるのは、看護師としての知識があることを前提とした専門的な出産に関する知識となっています。

具体的には「基礎助産学」や「助産診断・技術学」「地域母子保健」「助産管理」といったような実務に関連する知識です。

試験日は毎年1回で2月となっており、合格率は99.8%とかなりの割合です。
もっとも受験者数は毎年全国で2000名程度と少なく、収入や待遇アップのために資格を取得したいという人のための資格ではないことが、受験者数の低下の理由になっています。

資格取得までの流れ

助産師の資格を得るためのルートとしては、まず先に看護師資格を得られる養成学校に進学して、そこで看護師の国家試験に合格をしましょう。

その後助産師養成課程のある学校に再度入学をすることで、助産師の国家試験を受験することができるようになります。

ただし看護師養成課程がある4年制大学では、看護師課程と助産師課程を同時に取得できるようにカリキュラムを組んでいるところも多くあります。

その場合は必要な単位を順調に取得することにより、4年の大学課程終了時に看護師国家試験と助産師国家試験の両方を受験することが可能です。

卒業見込み年度に同時に試験を受験することは可能ですが、その時に看護師試験に不合格であると、自動的に助産師資格も不合格となってしまいます。

最初から助産師を目指している人もいますが、ほとんどの場合で看護師として勤務をしていく中で産科に特化した仕事をしていくために、改めて助産師養成課程に1年以上通い、そこから国家試験を受けるという方法が多く取られているのです。

助産師資格を得るための養成課程は、全国にある大学もしくは専門学校に設置されています。

4年制大学で看護師資格を得たという人の場合は、あらかじめカリキュラムとして助産師資格も得られるルートが提示されますが、看護師専門の専門学校や短大の場合、あとから助産師となるためにはあらためて編入しなければいけません。

ただし4年制大学の看護学部でも、必ずしも助産師の養成課程があるというわけではありません。
これから大学に進学するという場合は、卒業時にどういった資格が得られるかということをしっかり調べておくことが大切です。

後に入学できる助産師養成課程としては、東京都内ならば首都大学東京や、上智大学、帝京大学といったところがあります。

助産師の一日

主な仕事内容

助産師の仕事は、言うまでもなく子供のお産に立ち会うということです。
実際に助産師資格を活かした勤務をしている人のうち、約86%が勤務をしているのは産科のある病院や診療所です。

自身が院長となるか、もしくは他に助産師のいる助産院で勤務をしているのは全体としては約6%にとどまり、残りの約8%はその他の形で助産師としての資格を活かした働き方をしています。

ですので助産師資格を得ようという人の大半は、看護師として産科や婦人科に勤務をすることを希望しており、そのための専門的知識を得るために学習をしていると言えるでしょう。

看護師資格のみを取得した場合、どの診療科に勤務となるかは自分で選ぶのが難しいということもありますので、将来的に産科・婦人科専門になりたいと考えているならば、あらかじめ専門課程を経ておくというのがおすすめのキャリアプランです。

実際に産科に勤務をした場合、助産師はより積極的にお産に関わる業務をしていくことができるようになります。

お産を経験したことがある人や、身近にお産をした人がいる場合などはわかると思いますが、出産に際し産科医が関わるのは、出産直前に切開をするという一動作のみということがあります。

これはメスを使った切開など特定の医療行為が許可されているのは医師資格者のみであることが関係しており、産科医の中にはそうした医師免許取得者のみが許された行為をするために産科にいるといったこともあるのです。

それに対して助産師は出産のみではなくその前後の健康管理も業務に含まれることから、その産科医院に通う妊婦さんや出産後のお母さんに対し、より具体的なアドバイスをしていくことができるようになります。

病院の方針にもよりますが、助産師の仕事は産科・婦人科を訪れる女性目線に立って、健康管理や育児についてのアドバイスをしていくことにあります。

一日の仕事の流れ

産科・婦人科のあるクリニックや、医院に勤務をする場合の助産師の仕事を紹介していきます。

まず病院の開院時間に合わせて出勤をして、外来を受け付けるための清掃や備品のチェックなどをしていきます。
開院時間は通常の施設ではだいたい9時くらいです。

開院してからは妊婦さんたちが検診に訪れるので、産科医とともに担当を分けてそれぞれ受診をしていきます。

その日に分娩がないという場合には午後も引き続き検診を受付け、外来が終わる午後4時以降は入院中の妊婦さんと新生児のケアにあたります。

その後1日の活動をカルテにまとめてから帰宅となり、通常業務であればだいたい午後7時くらいに退勤です。

もちろんその日に分娩が入ると、そのために待機をしなくてはいけなくなるので、自宅に帰宅する時間が遅くなってしまいます。

助産師の給与

助産師としての平均給与、平均年収

助産師として仕事をしていくためには、看護師資格を取得したのち専門課程を経て国家試験を受験しなくてはいけません。

看護師課程よりもさらに専門的な出産に関する勉強をしていくということもあり、資格を取得することにより給与額も全体的にアップさせることができます。

助産師の平均年収は5,314,821円と、全体的に年収が高めの医療関連資格の中でもかなり上位です。

月収ベースでいくと30万円以上となりますので、資格を取得する意義は十分にあると言えるでしょう。

自分自身で「助産院」など開業ができるということが助産師の強みですが、必ずしも独立開業をしなくとも通常の産科医院に勤務するときにも助産師資格があることにより、資格手当で給与額が底上げされます。

もっとも実際の現場においては、より希望にあった仕事をしていくために助産師資格があっても看護師として勤務をしているという助産師もいるのですが、明確に助産師として勤務できる職場を見つけることにより、一気に年収をアップさせていくことができます。

看護士の年収との比較

看護師は女性が多い資格の中でも、年収が非常に高い職種として知られています。
しかしその一方で病院勤務では常に医師の指示を仰がなくてはならないなど、就業において権限が制限される場面も多くありるものです。

必ずしも助産師の資格を得なくとも、産科に勤務をすれば助産師同様の仕事ができるというふうな意見も聞かれますが、実際には助産師資格があるかないかにより、かなり収入面での待遇が変わってきます。

先に助産師の平均年収が5,314,821円と書きましたが、これに対して看護師の平均年収は4,805,118円です。

比較をすると約50万円もの差があるため、年収での格差はかなりのものであると言うことができるでしょう。

また助産師の場合はより多くの経験をしていくことにより、独立開業を含んだキャリアアップがしやすくなるという特長もあります。

看護師も長く勤務をしていくことにより、看護師長などの管理職へのキャリアアップができますが、他の医療系資格と比較した場合、昇進への門戸はかなり狭き門となっています。

実際に独立開業をするか否かに関わらず、自身で独立した仕事をしていくことができるということで、助産師の平均的な給与を高くしているのです。

ただし助産師資格は看護師の業務の中でも産科分野に限定される専門資格となることにより、ある程度進路が限定されてきます。

長く勤務をしてキャリアアップをしていくためにも、資格取得時にはしっかりと「出産」のスペシャリストになるのだという強い意思を持っておくことが大切です。

助産師のやりがい

赤ちゃんの誕生に立ち会える

助産師としての仕事の醍醐味は、何と言っても多くの出産の瞬間に立ち会えることです。

子供が生まれる瞬間というのは人の一生が始まるその瞬間であるということでもあり、その場に立ち会うことには大きな意義があります。

ここ数年で夫の立会い出産を希望する夫婦も急増してきていますが、それも出産時にいかに大変な思いをして一つの生命を誕生させるかということを、ともに実感してもらいたいという気持ちによるものでしょう。

助産師として仕事をしていくということは、そうした生命の誕生の感動的な瞬間に立ち会うことができるということでもあります。

人の誕生にはいくつものドラマがあり、一つとして全く同じということはありません。
助産師としての仕事は出産の瞬間に立ち会うというだけでなく、妊娠中の妊婦さんのサポートをしたり、また産後どのように乳児に接していけばわからないという、母親に対しての健康指導も含まれます。

数が絶対的に足りていないことにより、ともすると事務的な会話しかできないこともある産科医と異なり、出産前から密接な信頼関係を築いていけるのが助産師です。

その上で健康な赤ちゃんを産むための瞬間の立会ができ、その取り上げをできるということは、まさに出産を経験できる女性としてこの上ない喜びになっていくことでしょう。

開業を目指せる

助産師は国家資格となっていますが、それを取得するためにはまず看護師資格を取得する必要があります。

看護師として産科や婦人科に勤務をすることももちろんできますが、その場合はあくまでも医師の補助業務に限定されます。

近年では看護師が独自にできる医療行為を増やそうという動きも見られていますが、助産師のようにお産に関わる業務全般を独自に行うことができるということは他の診療科ではありません。

助産師資格を取得することにより、医師の立会がなくても独自に医療行為をすることが許可されるため、自信を院長とした助産院を開業することも可能になります。

もともと看護資格を目指す女性の多くは「一生使える資格がほしい」といった自立心を持った人が多いので、そこで上位資格の助産師を取得することにより、さらに独自の勤務方法を探していくことができるようになります。

開業をすることで当然勤務待遇も変わりますし、自身の営業努力などにより勤務看護師よりもかなり高額の収入を得ることも可能になるでしょう。

何らかの医療行為(助産行為)をするためにいちいち医師の指示を仰がなくてはいけないという状況がなくなりますので、責任をもった仕事をしていきたいと考える人にとってはまさに適切な資格と言えます。

助産師資格は女性にしか取得ができないということもあり、女性特有の悩みを打ち明けられる存在にもなれるのです。

助産師になるには

資格の必要性

助産師として勤務をするためにはまず国家試験を受験し、そこで助産師の資格を取得する必要があります。

助産師はかつては「お産婆さん」として、一般の女性のためのお産を手伝う仕事として存在をしてきました。

現在よりもなお男女の役割が激しく分断されていた時代においては、お産の大変さは男性にはなかなか理解をしてもらうことができず、そのためお産は女性の手によってのみ行われるという習慣がありました。

その中において母子の生命の危険を伴うお産を任せるための産婆の役割は非常に重要なものだったのです。

しかし時代が変わり西洋医学が広く普及した現在においては、お産の立会は産科医というふうに意識は変化をし、かつての産婆の役割は終えたかのようにもなりました。

ですが現在においても信頼できる女性の立会のもとでの出産を希望する女性は多くおり、きめ細かく妊娠や出産のケアを行う助産師という仕事は独自のニーズを確立しています。

妊娠出産は病気ではないとはいえ、出血や切開などの医療行為を伴う危険なものです。
医学が発達した現在においても出産が原因で命を落とす女性もおり、専門的な知識は必須です。

そのためかつての「産婆」は国家資格を伴う「助産師」として姿を変え、産科医とはまた違ったアプローチで安全な出産をすることができる制度として整えられています。

助産師資格は看護師資格の上位資格として位置づけられていることから、基本的な人の生体について知識を備えるとともに、現代的な医学に基づいた独自の妊娠出産サポートができるようになっているのです。

資格を設置したことにより、助産師は信頼感を持って出産に関わる事例を任せることができる医療関係者となりました。

助産師としての就職先

助産師としての就職先としては、まず全国の産科のある病院や産科専門のクリニックです。

助産師資格で取り扱うことができるのは、あくまでも正常分娩で出産ができるケースに限定されていることから、もし妊婦や胎児に異常があり帝王切開やその他の特殊な分娩方法をしなければならなくなった場合には、産科のある医療施設へ移送されることになります。

そのため助産師としての業務はあらかじめ産科医のいる病院施設で行われるということも多く、産科医と一つの施設で分業をしていくというような体制がとられていたりします。

一方で独自の妊娠出産を手助けするために助産院を開業する人もおり、その場合は自分自身が施設の責任者となり、妊娠をした女性の診察をしていきます。

看護師資格では独自に開業をするということは難しいです。

そのため専門的な分野を持つ助産師となることで、医師資格がなくとも独自に医療の仕事をしていくことができるようになります。

助産師に向いている人

赤ちゃんが好きな人が大前提

助産師は、看護師資格の上位資格として位置づけられている、妊娠・出産・乳児の育児を専門的に扱う仕事です。

妊娠をした女性は定期的に検査を受けながら出産の日を待ちますが、このとき出産の立会を依頼することができる場所として産科医のいる病院や診療所のほか、助産院という場所があります。

助産院(助産所)は全国各地で開業していますが、実際には病院のような施設を設置しているところはそれほど多くありません。

はっきりとした統計は取られていないのですが、「助産所」としてはっきり掲げて営業しているところは全国で約400ヶ所ほどしかなく、そこに出張分娩支援を行っている助産師が500~700名ほどいるとされています。

かつては出産に立ち会う身近な存在として地元に密着して開業をする人が多かったのですが、少子化に伴い出産に費用をかけても医師免許のある人に担当してもらいたいと希望する家庭が増えたということもあり、助産師のみに依頼されるということはあまり多くありません。

むしろ現在における助産師の役目は出産そのものへの立会というよりも、産前産後のケアやアドバイスということにウエイトが置かれるようになってきています。

お産の専門家としての助産師に求められる適性は、何と言ってもまず「赤ちゃんが好き」ということです。

助産師の最大の任務は健康な赤ちゃんを出産できるお手伝いをしていくことなので、母子の健康に注意し、赤ちゃんの誕生を誰よりも喜ぶような気持ちが求められます。

体力がある人にも向いています

全国的に産科の廃止が問題になっていますが、実際のところ産科医の仕事は他の医師と比べてかなりハードです。

というのも、出産というのは手術のスケジュールを組んでスタッフを集めることができるようなものではなく、どれだけ準備をしていても全く予想外のことが起こるというのが実情だからです。

そのため出産に立ち会う助産師は深夜に呼び出されることも多く、緊急の陣痛時に近隣の産科と連携して最もよい方法を提案していくためには相当の神経を使います。

特に個人でやっているような助産院の場合は責任が相当大きくなるので、人気のある助産院ともなると相当の体力が必要になってくるでしょう。

ですので助産師として仕事をしていくためには、自分自身の体調管理を整えるとともに、急な呼び出しにも耐えられるような体力を備えておくことが大切になってきます。

お産は安産といっても数時間がかかるのが常識です。
正常分娩であっても数十時間とかかることも当たり前ですので、そうしたときのためにも十分に体力があるということが、助産師として長く勤務をしていくために必要な条件と言えます。