保育士の資格

役立つ関連資格

保育士になるためには、国家資格を取得する必要があります。
これについては「保育士になるには」のなかで具体的に紹介しているので、ここでは割愛します。
このページにおいては、保育士として役立つであろう、関連資格について紹介します。

まず1つ目に紹介するのは「チャイルドマインダー」です。
チャイルドマインダーというのは、自宅で保育所を開設するような場合に役立つ資格となっています。
少人数保育についてのスペシャリストの資格となっています。
名前の通り子供の思考に寄り添うことが求められる資格です。

次に紹介するのは「チャイルドケア」の資格です。
これはアロマやハーブなどを用いることによって、子供の精神状態をケアすることに主眼を置いた資格となっています。
これだけでは武器とはなりませんが、自分の働く、あるいは自分で開設する保育所としての魅力をより増幅するための1つとして利用することが出来るでしょう。

この他にも、チャイルドコーチングというの資格があります。
子供が自発的に学ぶための環境を作ることが目的となっている資格です。
これらの資格はいずれも民間資格で、難易度もそれほど高くありません。
その代わり、知名度もそれほど高くはないのが現状です。

他の国家資格

では、より具体的に役立つ資格としてはどのようなものがあるでしょうか?
「幼稚園教諭になるには」のなかでも紹介しましたが、保育士として3年以上実務経験を積むと、幼稚園教諭の国家資格の受験資格を得ることが出来ます。
幼稚園教諭の資格は当然教諭になる際に必要となるだけではなく、保育士として仕事をする上でも役立つ資格です。
知名度も国家資格だけあり抜群であり、高い効果が期待できるでしょう。